アラフォー&女性のはしくれとして、一応ふだんから簡単なメイクはするようにしています。


きょうは、週末のイタリア家族旅行にそなえ、「アラフォー主婦に必要なメイクアイテムを、さっと旅に持ち出す方法」について書いています。

  • ふだんの洗面所から
  • ふだんのメイクアイテムを持ち出す
  • メイクアイテムのえらびかた、4つのポイント




ふだんの洗面所から

築19年、中古戸建の洗面所、オープン棚のいちばん下の段。
f:id:rhinocero:20170321090932j:image
f:id:rhinocero:20170321092628j:image
左はわたしのメイク道具一式、
右は家族みんなで使っている化粧水やクリーム類、
がはいっています。


どちらも、無印のメイクボックス...にそっくりな、ダイソーのメイクボックスを使っています。


ふだんのメイクアイテムを持ち出す

わたしのメイクアイテムは、これで全部。
f:id:rhinocero:20170321092703j:image
いちばん上は顔そりシェーバー。その下は、木のコームと眉用はさみ。



洗面所の扉の中には、100円ショップのジップ袋を入れています。
f:id:rhinocero:20170321091114j:image
なにに使ってもいいように、食品対応レベルの安全性をうたっているもので。



旅行のときは、ふだんのメイクアイテムをこのジップ袋に入れ、そのまま持ち出します。シェーバーと眉用ハサミはおるすばん。
f:id:rhinocero:20170321092738j:image
アイテムの絶対数が少ないので当然ですが、とてもコンパクトになります。





メイクアイテムのえらびかた、4つのポイント

ふだん、接客もある仕事をしているので、一応それなりのメイクはしたい。でもガッツリは必要ないから、ベストアイテムをミニマムに持ちたい。


メイクアイテムは、

  1. 自然な成分でできていて、あまり化学的でないもの
  2. つけ心地のいいもの
  3. ブラシなどの道具が別途必要にならないもの
  4. コンパクトで持ち運びしやすいもの

を選ぶようにしています。



おかげで、ふだんの使いやすさはもちろん、日常の延長でさっと手軽に、旅でもどこでも持ち出せる。
とても満足しています。



▼オンリーミネラルのプレストファンデーションは、軽いつけ心地ながらしっとり。さっとつけるだけで、アラフォー肌のあれやこれやをカバーしてくれます。使いやすいブラシがケースの中にコンパクトに収まるのが、ほんとに便利!

3個目のレフィルを買って、使い続けています。


▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 - すっきり、さっぱり。