テレビで、フグについて放送していました。

元々フグには毒はない!

・エサの毒が体内に蓄積
・無毒のフグの養殖も可能

フグと言えば、調理に専用の免許が必要。強力な毒の持ち主。という認識がありますが、

・フグの毒の成分「テトロドトキシン」はフグ自身が作り出している物ではない。
・フグの毒はどくを持つ他の生き物を食べることによって蓄積される。
(主なエサとなる「ヒトデ」や「巻き貝」に微量の毒が含まれていて、その毒を体内に溜め込み続けたもの。)

フグの仲間は魚の中でも特に泳ぎが上手ではないなので、毒を持たないと身を守れないということ。

養殖のフグには毒は入っていない!

養殖用のフグには、毒のない養殖専用のエサを与えているところもあるので、その場合、毒を持たないフグが育つ。
そこでは5000匹を調査したところ、肝臓にも毒はなかったとのこと。

フグの飼い方―淡水フグから海水フグまで

フグの飼い方―淡水フグから海水フグまで

  • 作者: アクアライフ編集部
  • 出版社/メーカー: エムピージェー
  • 発売日: 2006/02/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る